永禄12年12月 蒲原城攻め関連の文書

信玄公が「勝頼が戦場に突っ込んでいって心底肝が冷えたよ怖かったよでも勝っちゃったよ不思議。」と書き送った書状と、同じ戦について真田幸綱・信綱父子に報告した書状。
読み比べると、勝頼様が戦場に突っ込むのは武田家では周知の事なんだなあと思えます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
徳秀斎あての書状(笹本正治著 武田勝頼p28)

蒲原城を落とした事について早々に状況をお問合せくださり嬉しく思います。

最初は12月6日に蒲原城の宿に放火しました。
もう決まりきった儀式の様なものですが、四郎勝頼と甥の左馬助信豊は思慮が足らないので工夫も何もなく城へ攻め登りました。
本当に恐怖を感じましたが不思議な事に軍に勢いがつき敵方を崩し、城主の北条氏信兄弟をはじめ、清水・笠原・狩野介やそれに従う兇徒、総じて蒲原城に立て籠るすべての兵を残らず討ち捕らえてしまいました。

この蒲原城は街道の中でも一番道が険しく通過するのも難しい場所でありました。このように瞬く間に目的を達するなど、人間が出来る働きではあり得ません。
そればかりか、こちらの味方は一人も病気などすることも無く過ごしております。どうぞご安心ください。

12月10日 
                           信玄

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

同じ戦場の話を真田幸綱・信綱父子に送った物

(信濃史料 巻13_3 52)

急いで知らせます。今日6日、蒲原城の城下に放火をした所、在城していた兵達が皆出兵してきて出くわしたので一戦を遂げ勝利を得、城主北条進三郎をはじめとして清水・狩野介を残らず討ち取り瞬く間に城を乗っ取りました。

本当に前代未聞の戦でした。

なお、蒲原城へは山県三郎兵衛昌景を入れます。
この文面のとおり、目的は達成したので安心するように。   恐惶謹言


  12月6日                信玄
 一徳斎
 真田源太左衛門殿

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てるてる

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
TweetsWind