スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風林火山 第14回 感想

劇団『勘介』結成の巻

今回も前回同様に目をひん剥く幸隆公をみて、佐々木蔵之助さんの血管が切れないか心配になりました。
 力みすぎです。力みすぎ!
そして、忍女さんをなぐさめる信綱君に和みました。
いいなあ。家族愛。
いいなあ。真田家。

一方の勘介は、御館様と温泉で仲良くしていました。
狙ってんのかNHK
御館様は孫子について語り合える相手を得てご機嫌です。
そんな感じに御館様が勘介ばかりひいきするものだから、甘利さんを始めとする譜代の家臣達は文句タラタラで大井夫人に言いつけに行きました。
一応、信繁さんを代表に置いて。

信繁さんは譜代の家臣と晴信公との間を取り持つ潤滑油のような役回りになってきました。
板ばさみで大変でしょうけど、頑張れ信繁さん!


勘介は、御館様に言上した策を実行するべく信濃・伊那地方へ調略へと向かいます。
普通に話をしただけでは高遠頼継は動かないと予想した勘介は、一緒にやってきた教来石昌景と共に劇団『勘介』を結成。
見事に芝居でもって高遠頼継をだますわけです。

この芝居で敵方をだますというのは、大河ドラマ「武田信玄」で真田幸隆@橋爪功が調略に使っていた方法でした。
と、いうことはこれから武田に下る真田幸隆@佐々木蔵之助は別の方法でもって調略を行うのでしょうか??
それとも劇団『勘介』に入団するのでしょうか(勘介・馬場さん・幸隆のトリオで演劇・・・楽しそう)??
今後が非常に気になりました。


調略と諏訪への潜入工作を進めた勘介は一旦甲斐の御館様の元へと戻ります。
そこには小姓に召抱えられた源五郎君が!

孫子を暗唱できれば誰でも召抱えるんですか。御館様!!

美形の小姓を召抱えて
るんるん気分で風林火山の旗を掲げる御館様。
旗を見ていきなり叫びだす原美濃守にものすごい違和感を感じました。
大河の原美濃さんはあまり物事を深く考えない性質なのかもしれない。
そして原美濃守につられて叫びだす周りの皆様・・・。
うん。原美濃守は皆のムードメーカーなんですね。うん。


所で諏訪湖の御神渡りのシーンですが、あれって桧原湖(福島県)の映像ですよね?
諏訪湖に見えなかったのですが・・・諏訪湖だったらすみません。

来週はどうなるのかな??

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てるてる

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。