スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

室賀合戦の事

こうして信州一国の土豪達は家康公へと従属いたしましたが、天正11年10月に真田昌幸公は信州一国を自分が従えようと企て、まず室賀信俊を討とうと一門の衆を一手に集めて室賀の館へ押し寄せました。すると室賀信俊は自ら打って出て、篠山において互いに容赦なく戦い郎党共を討ち取ったのちに双方引き上げました。翌日も真田昌幸が攻めてきたので室賀信俊が自ら真田昌幸の元へやってきて和睦を願い出ましたので、すぐに和睦となりました。

室賀信俊は真田昌幸に度々領土を力ずくで取られていることを無念に思い翌年の天正12年の6月に鳥居彦右衛門尉を通して徳川家康に申し上げた所、徳川家康公から
「なにとぞ計略を使って真田昌幸を討ち取るべし。」
とのお返事をいただき大いに喜びました。

室賀信俊は何度も何度も上田へ通い、真田昌幸にこまごまとした事まで親切にしました。

ある時、上田に上方から碁打ちの名人がやってきましたので真田昌幸は是非にと室賀信俊を招待しました。

真田昌幸を討ち取る好期がやってきたと思い、室賀信俊は家臣の室賀孫右衛門を鳥居彦右衛門の下へ使いにだしました。
「来月7日に真田昌幸の居城へ碁会に参りますのでその時に兵を出してくださいますよう。」
という謀の密使でした。

ところが、室賀孫右衛門は前々から真田昌幸の味方についておりましたのでそのまま上田へ行き、真田昌幸へ室賀と徳川の謀略を全て話しました。真田昌幸おは大いに喜び、室賀孫右衛門にご馳走を振舞ってから室賀信俊の下へと返しました。

室賀信俊は謀がうまく行きそうだと思い家来の桑那八之介と相沢五左衛門、堀田久兵衛尉などをつれて上田にやってきました。前々から準備が整えられておりましたので、書院の間に通されてそこで碁会が開かれました。その時、真田昌幸の家臣である長野舎人と木村渡右衛門が討手となり隣の部屋で太刀を抜き室賀信俊を冷酷に討ち取りました。この時、共に働いたのは祢津宮内大輔と丸子藤八郎と長岡寺、安楽寺などの家臣達でした。

別室で室賀信俊が討ち取られるのを聞いた桑那八之介と相沢五左衛門、堀田久兵衛尉太刀は書院の間に斬り入り戦いました。
桑那八之介が深手の傷をいくつも受けましたがそのうち三人は真田の家来達に捕らえられ、留めおかれました。いろいろあって三人は真田昌幸に仕える事になりました。

室賀の館にてこの知らせを聞いた室賀信俊の妻子は取る物も取り合えず甲州へと落ち延びていきました。
スポンサーサイト

試験終わりました。

とりあえず、これで少し時間が空くので久しぶりに趣味に没頭したいと思います。
まずは真田丸で人気上昇中の室賀さんの話を訳します。

インフルエンザで倒れました

去年末に予防接種を受けたので大丈夫だろうと思っていたのに、インフルエンザA型にかかり一週間ほど寝込みました。

この一週間のおかげで勉強が遅れてしまい、今月中に受ける予定の資格試験の合格がかなり危うくなりました。
もっと根を詰めて勉強したい、でもちょっと頑張ると疲労で倒れるという状態です。
今回の合格は諦めて、出来るところまで勉強を進めます。

もっと体力と若さが欲しいなあ。
プロフィール

てるてる

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。