スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOTに小田原の役ツイート追加

小説「のぼうの城」が思ったよりも面白かったので真田家BOTに天正17~18年のツイートを追加しました。

小説には真田家は一切登場いたしません。史実では真田家は岩櫃城に矢沢頼綱を置き、昌幸・信之・幸村は京都から碓氷峠へ出陣し松井田城・箕輪城を落とした後に忍城攻めにもくわわっております。

碓氷峠や松井田城攻めの信之兄上はかっこいいのに、忍城攻めになったとたんにただの我儘っ子になってるのは何故?

信之「あそこの出丸(南の門下忍口)を落とそうぜ。俺なら出来るって。」
昌幸「止めておけ。」
信之「大丈夫大丈夫。(昌幸の制止を振り切って無理やり出陣)」
信之の狙う下忍口を守っていたのは酒巻靱負という若者でした。

酒巻靱負(22歳)vs真田信之(25歳)

何このピチピチ若い子対決(笑)
この戦い、信之側に大勢の戦死者を出しましたが何とか真田家が出丸を奪取しました。
あまりにひどい戦いぶりだったようで、その後しばらく真田家家臣は信之の指揮で戦うのを嫌がっていたようです。

小説「のぼうの城」では機転を利かせて石田三成軍を大敗させている酒巻靱負。映画「のぼうの城」でも大活躍をするようです。

あの小生意気な青年が俺様な兄上と戦ったのかと思うと…(笑)
真田家ファンは違う意味で楽しめます。オススメですよ「のぼうの城」
スポンサーサイト
プロフィール

てるてる

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。