スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「海野長門守海野能登守 吾妻郡代」訳し終えました 

やっと信幸兄さんが砥石城で生まれました。去年の11月からはや2ヶ月。ずっとほおっておいて兄さんごめんね!!

加沢記では砥石城生まれの信幸兄さんですが、実際はどこで生まれたのでしょうね?
やはり甲府でしょうか?
永禄9年の昌幸がどこでどのような働きをしていたのか詳しくは判らないのですが、おそらく躑躅ヶ崎館でお仕事をしていたのではないかな~~~と思っています。
幸隆公はこの頃おそらく小県の真田庄にいたと思うので信幸公が砥石城で生まれたのであれば大喜びして可愛がったのではないでしょうか。

ほのぼの真田家が想像できて楽しい時期ですねv
スポンサーサイト

新年あけてしまいました。

遅くなりましたが皆様今年もよろしくお願いいたします。

年末からいろいろいろいろありまして、今年一年波乱万丈になりそうなそうでもないような・・・・・。
家族全員がどえらい事になりそうなのでさてどうなることやら。
あれこれありすぎて現状ではなんとも言えない状態でございます。

どんな状態になっても旦那と力を合わせて乗り越えたいと思います。

放射能の心配のほうは暫く黙っていることにしました。
専門家が質問に答えているサイトも見つけまして、安全とは言い切れないけどギャーギャー騒ぐのもよくないなあと考えを改めまして。
質問サイトはこちら→専門家が答える 暮らしの放射線

恐怖からギャーギャー騒ぎたい気持ちももちろんあるのですが、それよりも今は自分と家族の現在と未来をどうして行くかの方が大事です。

本日から加沢記の読み込みを再開しました。
近いうちに更新します。
プロフィール

てるてる

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。