加沢記ちょっと追加。

前回、書ききれなかった湯本さんへの書状を追加。
ついでに元斎藤家家臣達が武田に出した人質が甲府におくられた部分も追加。

妻や娘は名前が残ってないのに、唐沢家次男「お猿」のみ名前が残ってるというのもなんだかな~~~。やはり女性は名前が残りにくいのよねえ。

そして、たいして加増もされなかったのに真田家にお預けになった海野兄弟がなんとなく哀れ。
他の地侍は武田家の下に組み込まれたのに、海野兄弟だけは真田家へ『預け』になったのはやはり「羽尾家」の一族だったからなのかな。
その辺に何か真田家と羽尾家のあれやこれやが関わって真田家が海野兄弟のお目付け役にでもなったのかしら。

それとも海野兄弟が真田の下に付く事を望んだのかしら。

どっちなのかなあ。

加沢記ちょっと更新

鎌原さんがやっとこさ三原の領土を安堵されました。
永禄5年の裁判から2年と少し。結局戦で分捕った形になりました。長かったね!!

頭が痛いです~~~~。
熱があるわけでもないのに。
今日は早く寝ます。

百日咳

年末に8度七分の高熱を出してぶっ倒れ、それ以降ず~っと風邪の状態でグジュグジュしています。

お医者で検査してもらったら風邪では無く『百日咳』だという事。

百日咳用の薬を出してもらったら早速発熱してまた倒れました。
せっかくの休みだったのに!!!

はあ、この弱い体が憎い!

丈夫になりたいものです。

加沢記を少し更新しました。

簡単にまとめますと、

鎌原・湯本が「斎藤弥三郎が寝返った手柄を武田家に隠して俺達の手柄にしようぜ!」と悪だくみしたら、真田信綱兄さんが信玄公にちくったんですね。
で、信玄公が「お前らな~に企んでんだよ。俺は全部しってるぞ~」って手紙で脅しかけて、びびった二人はなんでも正確に武田家に報告するようになりました。
信玄公も許してくれたので鎌原さんは熊の皮を、湯本さんは硫黄をそれぞれお礼に持って行きました。

ちゃんちゃん。というお話でした。

あ、ちなみにちくった信綱兄上の事は鎌原・湯本の両人にはばれていないっぽいので、武田家の社内告発制度は守秘義務が徹底されていたんじゃないかなあと勝手に思ってます。


昔読んだ信玄公から長野業政さんへの手紙でも思ったんですけど・・・・・・信玄公って「俺は知ってるんだぞ~~~。」って脅すの好きだなあ。
そういえば、この時長野家の情報を信玄公へ渡してたのは幸隆さんだったな・・・。真田家ってそういうの得意なんだな~~~~~。

情報を使うのが得意なお館様と、情報を流すのが得意な真田家は相性が良かったのでしょうね。




最近、加沢記を買った時に付いていた本の箱がだいぶボロボロになってしまって悩んでます。
箱だけどこかに保存するべきか、思い切って捨てるか。
それとも透明なテープで箱を補強するべきか。
本を綺麗に取っておくには箱は絶対必要だしなあ。
どうしよう。

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

加沢記を少し訳しました!
2か月振りに史料をじっくり読めて凄く満足!!!!
部屋に籠ってオタク作業する事を許してくれた家族に感謝!!!!!!  

湯本善大夫さんと鎌原宮内が二人で悪だくみしたのに、信玄公にあっさり看破されちゃう下りが面白くて仕方ないです(爆笑)
まだ訳してない部分だけど、この後で二人が貢物をもって甲州へ行く所なんかがすごく可愛い(笑)

やっぱり史料は楽しいなあvvv


それから、現在ツイッターの方で真田家BOTを稼働させています。

ツイッターにて @sanadake_BOT と検索をかけると出てきます。

呟いている内容はもっぱら今までに訳した史料を140字以内に略したものです。
こちらも徐々にネタを増やしていきたいものです。

さて、今年の目標は何にしよう。
「体重を7kg落とす」
「最低でも月に一度はHPを更新する」
無理しないで続けて行きたいと思います。
プロフィール

てるてる

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
TweetsWind