スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武田晴信100首和歌 39

庭 荻

去らぬだに
  物思う庭の
     荻原や

 末吹きなびく
    秋風の声

~~~~~~~~~~引用 武田晴信朝臣100首和歌 

意訳
そうでなくても庭の荻を見ていたら考え事に沈んでしまうというのに。
秋風が荻の先を揺らし音をたてるのだ。
どうして考え込まずにいられよう。


スポンサーサイト

武田晴信100首和歌 38

  庭 荻

荻の葉に
  身にしむ秋の
     風そへて
 
 さらに物問う
      庭の面かな

~~~~~~~~引用 武田晴信朝臣100首和歌


意訳
 身に沁みいる冷たい秋の風が荻(芒に似た秋の草)の葉を渡っていく。
古来より荻は神を、御霊を招くのだという。
風により囁く荻の声は神の声でもある。

荻の揺れる庭を眺めながら、また物思いにふけるのだ。 



~~~~~~~~
「しみる」というのは感じると言う事。
静かな秋だからこそ、徒然のことを考えてしまうのでしょう。
考え込みすぎて、身体を冷やさなければ良いのですが(笑)

戦国時代も地震が多かったようで。

こんな面白いHPを見つけました。
【古代・中世】噴火・地震史料データベース

検索ページに西暦の年数を入れるとその期間に起きた地震や噴火の記述を活字化して読ませてくれるデータベースです。

史料の名前を知らないと「どこで起きた地震・噴火なのか」が解りにくいのですが、その辺はインターネットで検索をかければ何とかなります。

歴史的事件が起きた前後の年を調べてみるとあちこちで地震が起きていたのが解って面白いですよvvv

個人的に面白かったのが1585(天正13)年~1587(天正14)年の記録でした。

1585(天正13)年の冬頃に、真田幸村は豊臣秀吉の元へ人質へ行ったのではないかと考えらています。
その年(天正13年)の11月29日に、堺と京都を中心とした広い範囲に大地震があったのです。
地震は4日4晩続き、町の屋敷は倒れ、日本海側では津波も起きました。
そのあとも余震は延々と続き、天正14年の3月くらいまで弱い地震がこまめに続いた模様。

幸村は大阪についた途端に、もしくは大阪へ向かう途中に大地震に巻きこまれたかもしれません。
もしくは巻き込まれず、地震からの復興真っ最中の大阪に入ったかもしれません。

昌幸公は天正14年の夏までに上田へ帰っている様子なので、おそらく余震が続く間は幸村と一緒に大阪にいたのではないかなあ。
幸村と秀吉との初の対面は随分と落ち着かない雰囲気の中で行われたのではないでしょうか。


ちなみにこの時、大阪城には特に被害がなかったようです。城内の人々もそれなりに落ち着いていたらしくて茶器などを運び出し避難させた人が褒美をもらっています。(当時の)世界最大級の要塞は耐震設計もばっちりだったという事ですね。

風邪ひいた

正月入ってから2度目の風です。
今年になってから一週間に一度の割合で風邪ひいてます。

頭痛くてたまりません。
鼻水止まりません。

でも、ウィルスが原因で体調が悪いとはっきりしてるだけマシなんだと思う。

丈夫になりたいな。
丈夫になりたいな。

武田晴信100首和歌 37

七 夕 雲

七夕の
  雲の衣を
     敷妙の
   枕さだめぬ
      天の川風

~~~~~~~引用 武田晴信朝臣100首和歌


意訳
  
七夕の夜である。
牽牛が織姫を横たえるため、天の川の風を使って雲の衣に枕を置いている。
(昔は布団が無かったので着物を床に敷き眠っていた。そのため『雲の衣』なのである
 


~~~~~~~~
100首和歌の数少ない恋の歌です。
御館様ってば浮気の釈明書書くくらい恋多き男なのに、恋の歌が少なすぎる。
寺へ納める和歌だから色っぽいのは除いたのか?
それとも恋の歌は全部お相手に贈ってしまったのか。
はたまた和歌の師匠達が僧侶ばかりだったので恋の歌は教わらなかったのか??
もしかして「現実の恋は甘くない・・・・。(遠い目)」とまで達観してたのか?????

一休禅師とまでは行かなくても、もうちょっと色っぽい歌も残っていれば良かったのになあ。

武田晴信100首和歌 36

 初 秋 露

秋来ぬと
  軒の忍に
    風冴えて
 袖に知られぬ
     庭の朝露

~~~~~~~~引用  武田晴信朝臣100首和歌 

意訳
 秋がやってきたと様々な自然が教えてくれる。
屋根に生えた忍(シダ植物)は冷えた風に揺られて青い葉がよりくっきりと目に映る。
朝、散歩すれば袖がしっとりと濡れて庭に朝露が降りた事がわかるのだ。


~~~~~~~~~~

露が降りたならば今度は霜が降りてやがて霜柱も立つのでしょう。
冷え込む早朝に散歩とは、信玄公は体温が高かったのかなあ。
冷え性な自分にはうらやましい限りです。

戦国無双3に

ヤン・ウェンリー提督(by銀河英雄伝説 田中芳樹)が出征なさっている!!

戦国無双3がいつのまにか出ていたのね~~~。無双は操作が難しいから他の人のプレイ記を読んで楽しもうとネットサーフィンすることしばし。

あちこちで見かける「ヤン・モウリー」「戦国英雄伝説」「毛利の歴史がまた1ページ」の単語の数々。
・歴史家志望のゆるゆる青年
・隠居したいのに周りの状況がそれを許さない
・天才軍師
まるっきりヤン・ウェンリーそのものじゃないですか!!

あわてて戦国無双3の公式ページで毛利元就のグラフィックをチェック。

そこにはOVA版のヤン・ウェンリーそっくりな毛利元就がいました(爆笑)

戦国無双シリーズは操作が難しくてプレイするのは諦めていたのですが・・・・・・・・・・・・・ヤン・ウェンリー提督の日本統一が見れるのなら買ってもいいかもしれない。
いや、でもしかし、私の未熟な腕では技を一個も出せないうちに敵兵に打ち取られるに違いない!そんな銀河英雄伝説どうりの結末を迎えさせるなんて悲しすぎる!!

やっぱり買わずに他人様のプレイ記を読んで楽しんでおくことにします(苦笑)

明けましておめでとうございます

先ほど初詣に行って参りました。

例年通りおみくじをひいたのですが今年は小吉でした。
悪しき事が多く降りかかりますが人に親切にすることで良き運に転ずる事が出来るそうです。
人に優しく。自分にも優しく(笑)

今年の目標は
初志貫徹
です。

ここ数年、手を出しては放置している様々な事柄を一つ一つ終わらせ、決着をつけて行く年にしたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。
プロフィール

てるてる

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。