殿といっしょ 4巻

殿といっしょ 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)殿といっしょ 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2009/11/21)
大羽 快

商品詳細を見る


戦国武将が様々な形で活躍するギャグ漫画「殿といっしょ」の4巻を買ってきました。

今回も笑いました。

今までに比べると大友宗麟の扱いがちょっと可哀想で、そこがまた笑いを誘います。
まさか竜造寺家が登場するとは、夢にも思ってませんでしたよ。

真田家は相変わらず徳川家をおちょくっております。
本多忠勝と真田家のやりとりがほのぼのしていて嬉しかったです。
信幸兄上と小松姫のお見合いは意外に真面目でちょびっとだけ感動しました。
信幸兄上、良い人だ!

幸隆公のさりげない腹黒さも磨きがかかってきました。勘介とのコンビネーションもばっちりです!

この漫画の直江兼続と真田幸隆公は、私の好みど真ん中なので登場してくれるだけでも嬉しいです(苦笑)

今度アニメ化されるそうですが、一体どんなアニメになるんでしょうね?
幸隆公と幸村の声優さんは同じ人がいいなあ。

天地人感想

「真田幸村」が出演した意味が全く無いドラマでした。

ひどすぎる・・・。

生野銀山

兵庫県朝来市にある史跡「生野銀山」に行ってきました。

生野銀山とは・・・
~~~~~~~
生野銀山は平安時代初期の大同2年(807年)の開坑と伝えられるが、詳細は不明。天文11年(1542年)、但馬国守護大名・山名祐豊により、石見銀山から採掘・精錬技術を導入し、本格的な採掘が始まった。

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康といった時の権力者は直轄地とし、佐渡金山、石見銀山とともに重要な財源とした
~~~~~~~~引用 wikipedia

という由来のある立派な史跡です。

入り口
ikuno01  ikuno02

現在は閉鋼されており、坑道の一部が一般公開されています。
坑道内部には昭和時代の掘削の様子や江戸時代の採掘の様子が展示されていました。

坑道内部は13℃と肌寒く、時々天井から水が滴り落ちてきます。
現在はこの寒さを利用して日本酒やワインの熟成にも利用しているそうです。

お土産に10年物の日本酒「甍(いらか)」を買って帰りました。

ほんのりとした酸味と完熟した柿のような甘さを合わせ持つおいしいお酒でしたvv


銀山に関する室町時代・戦国時代の史料は殆ど残っていないそうです。
銀山を手中にに収めた大名は銀の産出量を機密として扱っていたのかもしれませんね。

武田晴信100首和歌 35

   納 涼

夕涼み
   岩井の水の
         底清み
  まだきに秋の
       風通ふらし

~~~~~~~~~   引用 武田晴信朝臣100首和歌 

意訳
 夕立が通り過ぎた後に、夕涼みがてら石清水が湧き出る辺りを歩いてみた。
湧水の水底は夕立のせいでまだ濁っている。
今吹いている風は秋の風のように冷たいというのに、まだ夏は終わらないらしい。

武田晴信100首和歌 34


夕  立

吹き払ふ
   遠の外山の
         夕立に
     まだ雨残す
         峰の叢雲

~~~~~~~~引用 武田晴信朝臣100首和歌 

意訳
  夕立が通り過ぎたので外を眺めてみたら、遠くの山々の峰にはまだ雨雲がしっかり残っていたのだよ。



 
プロフィール

てるてる

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
TweetsWind