スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落乱100忍ソート

落第忍者乱太郎 尼子騒兵衛(43巻~  朝日小学生新聞にて大人気連載中 NHK教育にてアニメも放送中)が好きです。

実家で漫画を集めているので、里帰りするたびに新刊を読むのが楽しみの一つです。

で、先日妹と話していて
「どのキャラクターが好きか一発でわかるよ。」
と進められたのでやってみました。

落乱100忍ソート

結果を聞いた妹が一言。
「それ、名前で選んだでしょ。」
おっかしいなあ。落乱の中で一番好きなのは6年は組の 食満留三郎 のはずなんだが・・・。


順位 名前
1 斉藤幸隆
1 斉藤幸丸
1 錫高野与四郎
1 雑渡昆奈門
1 山田利吉
1 土井半助
1 山田伝蔵
1 大木雅之助
1 新野洋一
1 鉢屋三郎
1 不破雷蔵
12 鬼蜘蛛丸
12 福富カメ子
12 潮江文次郎
12 立花仙蔵
12 七松小平太
12 食満留三郎
12 黒木庄左ヱ門
12 加藤団蔵
12 佐武虎若
12 摂津のきり丸
22 善法寺伊作
23 中在家長次
24 斉藤タカ丸
25 清八
25 照星
27 笹山兵太夫
27 山村喜三太
27 皆本金吾
30 福富しんベヱ
31 猪名寺乱太郎
32 田村三木ヱ門
33 夢前三治郎
34 二郭伊助
35 平滝夜叉丸
36 綾部喜八郎
37 富松作兵衛
38 久々知兵助
39 竹谷八左ヱ門
40 食堂のおばちゃん
41 伊賀崎孫兵
42 加藤飛蔵
43 戸部新左ヱ門
44 三反田数馬
44 浦風藤内
44 次屋三之助
47 小松田優作
48 神崎左門
49 小松田秀作
50 池田三郎次

うん。ごめん。名前もあるけどあの素敵なカリスマ髪結師を下位におくなんてできないよ(爆笑)
風魔忍者の与四郎君と最近登場した雑渡昆奈門がこんな上位にくるとは思わなかった(笑)
おかしいなあ。食満留三郎の次に好きな善法寺伊作がなんで22位なんだろう(笑)

本当は、順位など関係なく落乱のキャラクターは皆大好きです(笑)
スポンサーサイト

千早赤阪村へ行ってきました

大阪府に唯一残る「村」 千早赤阪村。
ここは南北朝時代に活躍した名将 楠正成の故郷であります。

そんな歴史深い土地を歩いてきました。

まずは楠正成公の出生の地。
現在は道の駅兼郷土史料館となっています。
楠正成 出生地
郷土資料館で売っている「千早赤坂の史跡 300円」は面白いです。
千早城の戦いの考察ページを読むと
「そりゃそうだろ!」
と突っ込みを入れたくなる納得の一言がたくさん書かれています。
この本のおかげで太平記を読みたくなりました。


次に下赤坂城。太平記に登場する城で、一度楠正成本人に焼かれているそうです。
下赤坂城
中学校を通り抜けた場所にあります。学校に無断侵入することになるのでドキドキものでした。道が細いので車で行く時は下の広い駐車場に停めたほうが良いかもしれません。すぐ下は棚田でものすごく眺めが良いです。

次に上赤坂城。水攻めされて落ちたと言われている城です。
遺構はいろんな物がしっかり残っていますが、どうも戦国時代に改修工事されているようです。
入り口
上赤坂城 入り口

本丸までの通り道
上赤坂村 通り道1上赤坂城 城戸跡
上赤坂城 そろばん橋上赤坂城 通り道2

本丸・・・ものすごく眺めが良かったです。
上赤坂城 本丸

二の丸・・・草ぼうぼうでした。
上赤坂城 二の丸

ここで旦那の体力た尽きたので、車で金剛山まで移動。
ロープウェイに乗って山の上まで登り、景色を楽しみながら蕎麦を食べました。
時間があれば、山頂の葛木神社へも行ってみたかったな~~~。

山を下りて最後に千早城へ。
旦那「俺もう体力無いから下で待ってる。」
てるてる「んじゃ、一人で登ってくるねv」

というわけで一人で500段以上ある石段に挑戦。
千早城 階段
膝がガクガクしましたが、頑張って登るとそこには何と!!
千早城 四の丸
売店のおばちゃんが水と菓子を売り、虫取りに興じる子供達が走り回っていました。
子供の体力ってすごい・・・。

奥の本丸は現在は千早神社となっております。
千早神社
御朱印を頂きに社務所へ行くとそこには張り紙が。
「当神社の朱印は山の下のしいたけ販売所にて販売しております。」

さらに奥に進むと楠家のお墓があるらしいのですが、私も体力が尽きたのでここで引き返しました。
道を間違えてうっかり金剛山へ逆戻りなんてなったらシャレにならん。
下で待っていた旦那と合流してしいたけ販売所を探したのですが見つかりませんでした。
どこにあったんだろう。しいたけ販売所。

感想としては、城の保存状態はとても良く楽しめます。が、歩く距離が長いので夏場に行くのはオススメできません。正直しんどいです。

村全体が、手を入れすぎずに上手に整備してあり、とても美しいのでまた旅行しに来たいと思いました。
次は金剛山山頂までいきたいものです。

歴史に名高い・・・

と言われたら、上州人なら迷わず答えるでしょう。
「新田義貞」
と。

上毛カルタにて幼少時より名前だけは知っているこの方。
今度千早赤坂村へ楠木正成の城を見にいくので、その予習がてらちょっとだけ調べてみました。

が、自分に知識がなさ過ぎたため、よくわかりませんでした。
ええ~~と、とりあえず後醍醐天皇の側について戦ったんで足利尊氏とは仲が悪かったんですね。
で、最後には後醍醐天皇にも捨てられちゃって悲劇の最後をとげた・・・と。
こんな感じでよいのでしょうか。 

その時代時代によって評価も全然違う人なのでどの見方を参考にしてよいのやら。
平凡で日和見な人だったのか、忠義の人だったのか、実は名将だったのか???

群馬へ帰ったら、図書館で小説探して読んでみようかな。

そうそう、先日天橋立へ行った帰りに偶然立ち寄ったお寺。
足利尊氏が産まれたお寺なんだそうです。
足利尊氏の産まれた寺

天橋立

先日、家族で天橋立まで海水浴へ行ってきました。

生まれて初めて見る風景でした。

何ていったらよいのでしょうね。陸地に囲まれた静かな海でした。
そしてくらげが多かったです。
なぜか私ばかりくらげに刺されました。他の家族は刺されなかったのに!!
私の身体からくらげを引き寄せる何かがでてたんだろうか???

帰りに元伊勢と呼ばれる籠神社へお参りしてきました。

これで伊勢神宮と大江神社と籠神社というアマテラス放浪の旅の神社を回ることができましたv
欲を言えば真名井神社へも言ってみたかったな~~~。

若狭地方から伊勢へと抜けるルートは歴史の話題が多くて楽しいです。
プロフィール

てるてる

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。