スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風林火山 第25回 非常の掟 

今回は「勘介 狂う」とでもいいましょうか。

武田家へ仕官した当初は「御館様」一筋だった勘介。
それが「由布姫至上主義」へと変わり、「四郎様が一番」と変わりました。

「○○様をお守りするために××するのです。」
という台詞を水戸黄門の印籠のように振りかざし、己の理想を作り上げようとする傾向がより強くなりました。

周囲の人間には見えています。勘介が己の我侭を通すためだけに一人で突っ走っていることが。

勘介本人は心の底から
「四郎様の、ひいては御館様の為に。」
と思い込んでいるから性質が悪い。

この勘介の執着はどこからくるのだろう。
今だに「武田家仕官時の心境の変化」が府に落ちていないので、勘介が信玄・由布姫・四郎へ執着する気持ちが良くわからないのです。
勘介が欲しいモノは何なのだろう??

勘介の深層心理で「自分の子供」と認定された「四郎」を守りたい慈しみたいという気持ちだけなら、ちょっとだけわかるんだけどなあ。

そんな勘介の画策により、駿河へ預けられることとなった寅王丸が可愛そうでした。
おばば様との別れのシーンは思わずもらい泣きをしてしまいました。
でも、生きていてくれて良かった。
最悪のパターンを想像しながら見ていたので、僧侶と共に旅立つシーンにほっとしました。

どんどん信虎化する御館様についても言いたい事はあるのですが、うまくまとまりません。
考えがまとまったら書きます。

今回見ていて一番気持ち良かったのは駒井さんでした。
春日源五郎さんとのお勉強シーンはなごみました。

お話がドロドロしてきたので、こういうほっとするシーンは嬉しいですね。

来週は河原氏再登場でしょうか?Gakt謙信はどうやってお話に割り込むのでしょうか?
来週のお話も重そうですね~~~~~。
スポンサーサイト

上州の武将 応援バナー

リンク先のブログ「読書日記?」のyuka様から素敵なバナーを頂きました。

応援バナー


長野業政公と上泉信綱公を応援するバナーです!

今年の大河ドラマのおかげで長野業政公の知名度もぐっと上がった事でしょう。
研究者の間では素晴らしい人物と評価の高い業政公です。
知名度が上がったこのチャンスに、
「長野業政の全て」
とかいろいろな本を発行してくれないかな。

群馬県でもっと業政公をアピールしてくれないかな。

いつか、長野業政公が全国的に有名な武将となる事を願って応援し続けます!

風林火山 第24回 越後の龍 感想

今回は「幸隆公 故郷へ戻る」の回でした。

見所が多くて、なにから語って良いものやら。

幸隆公が武田へ降ると決めたと知って、激怒する河原氏。
「我々の5年は何のために。いまさら裏切るのか。」
と幸隆公に詰め寄ります。

5年。長い時間です。故郷を追われ、いつか帰る事を夢見て関東管領様に嘆願し続けてきたのです。
その「名前」と「権力」で兵を集めてもらい、武田も村上も追い出して海野の領地に返り咲こうと、恥と知りながらへりくだり、面白くないのに笑い、管領様の顔色を伺ってきたのです。

その河原氏達を忍女さんがばっさりと切ります。
「兄上達は管領様に取り入る事しかしてこなかった。遊興に耽る管領を頼るくらいなら、武田のほうがマシである。」

痛い所をつかれて思わず刀に手を掛ける河原氏。
「取り入るために遊興に耽る」ことに5年かけて慣れてしまった事を妹に暴かれてしまった。
多少の恥があっても、このまま関東管領の元にいれば(関東管領家が滅びるまでは)遊興三昧の日々を送れるのです。
そして、故郷に帰れなかった悔しさや悲しみは
「関東管領様が兵を出してくれなかったせいだ。」
と責任転嫁できるのです。
その環境が、「幸隆が武田へ行く」事で壊れようとしている。
ここで忍女が河原氏の元へ戻れば、幸隆一人を「裏切り者」にして自分達の環境を(ある程度までは)守る事ができる。
しかし、忍女は幸隆と共に行くという。

忍女が妹でなければ、幸隆の血が海野の直系に近くなければ、斬りたかっただろうなあ。
斬って「今」を守りたかっただろうな。

河原氏がここまで考えていたかどうかはわかりません。
子供達の嘆願に怒気を抜かれて、河原氏は幸隆の説得をあきらめて帰って行くのでした。

河原氏と対照的なのが長野業政公でした。
幸隆公の決意を知って、
「自分こそ関東管領を動かせずに申し分けない。」
とまで言ってくれました。
業政公にも、今の関東管領家の衰退が見えている。
ひょっとしたら、将来に幸隆が武田の将として箕輪城へ攻めてくるかもしれない。
それが推測できていても、幸隆公を止めない。殺さない。
覚悟を持って行きなさいと餞の言葉までくれる。
大きな人です。

もう一人、幸隆公を暖かく見送ってくれたのが晃運和尚でした。
ポンポンとキツイ冗談(本気?)を投げてくる和尚とそれを返す幸隆公の会話は本当に楽しそう。
幸隆公にとって腹を探り合うことなく、安心して話ができる人だったのでしょう。
一度別れたら二度と会えないかもしれないこの時代に、和尚は実に気持ち良く幸隆公を送り出してくれました。

長野業政と幸隆公。晃運和尚と幸隆公。どちらも人間関係の理想の一つの形でした。

奥さんといい、上司といい、友人といい、家臣といい、幸隆公は本当に人に恵まれていますね。

幸隆公が武田に仕官したことで、ドラマの中に対の世界が生まれました。
「己の野望のために生きる勘介」と「家族・家・土地を含む周囲のために生きる幸隆」です。
その中心にいて、二人を繋ぐのが御館様。

視聴者は二人を無意識に対比して視る事になるでしょう。
これからの二人の動向に期待しています。

アンカーです。

あちこちで、風林火山の幸隆公と長野業政公で盛り上がっているようですね。
私も参加したいのですが、バタバタしていてドラマをきちんと見れなかったので、土曜日に録画したのをじっくり見てから感想を書きたいと思います。

さて、六文銭ブルースの東城憐様からバトンをいただきましたので、楽しんでお答えしたいと思いますv
バトン好きなのでまわしていただけてとても嬉しいですv

【ルール】
必ずバトンを回す5人の名前をタイトルに書いて驚かせて下さい。
回ってきた質問(下記参照、18項目あります)には素直に等身大の自分で答えましょう。
ルールは必ず記載しておいて下さい。

【質問】
1.名前は? 
2.おいくつですか?
3.職業は?  
4.資格は何か持ってる? 
5.今、悩みはありますか? 
6.誰かに似てると言われたことがある? 
7.社交的?人見知りしちゃう?
8.人の話に耳を傾ける?  
9.ギャンブルは好き? 
10.好きな食べ物&嫌いな食べ物は?
11.彼氏(彼女)にするならこんな人が理想(5つ)
12.親友と呼べる友達は何人いますか? 
13.今までの経歴や自慢出来ることは?
14.コレの為なら1食抜ける?
15.好きなブランドはある?
16.今、行きたい場所は?
17.もし、自由に使えるなら10万円は何に使う?
18.将来の夢は?


長くなったので隠しました。読みたい方は「続きを読む」をクリックしてください。

燐様、ありがとうございました!

続きを読む

安土城と観音寺城

今日は良い天気だったので、旦那とドライブがてらに安土城へ行ってきました。

石段が延々と続く苦しい山城だと聞いていたのですが、思っていたよりも楽に登れました。
ちなみに、石段は最初こんな感じです。
安土城 大手通


低い段々と、脇の排水溝に感動しました。
「排水溝がある=長く住む事を考えて設計してある」
ということだと思うのです。信長公は本気で安土を日本の中心にしたかったのだろうな。

石段は途中からきつくなり、旦那は
「一気に登らないとバテる。」
と先に天守跡へ行ってしまいました(笑)
私はのんびりと石垣を眺めたり、足元の石仏を見たり、井戸を探したり、廟所を覗いたりとゆっくりと昇りました。

信長公の廟所は静かで涼しくて、想像していたよりも荘厳な雰囲気のある場所でした。

天守跡から琵琶湖を臨み、その眺めの良さにまた感動。
この場所から見える「湖上の流通」と「街道の流通」を一手に掴むという気持ちはどんなものだったのでしょう。

信長公は冗談で「第六天魔王」と名乗ったそうです。
「第六天魔王」とは、仏教に登場する「ありとあらゆる快楽を感じる事の出来る魔王」です。
楽しい事が好きな人だったのでしょうね。
楽しい事を実行・実現するために必要な経済力を、この城が自分にもたらしてくれる。この城から自分の夢が発進する。
安土城は夢を叶えてくれる、魔法のお城だったのかもしれません。

まだまだ発掘途中の安土城です。
いつか、その全容が解明されて復元されたら楽しいでしょうね。

安土城を登った後で、お隣の観音寺城にも登ってきました。

観音寺城は、信長公がやってくる以前に近江を支配していた「六角氏」が築いた中世最大の山城です。

安土城よりもさらに標高の高い場所にある観音寺城本丸まで行く手段はまたもや階段・・・(途中までは車で行けます)。
観音寺城 本丸前

何とも落ち着いた風情の苔むした階段です。
発掘途中の安土城とは正反対の、あまり人の入っていない雰囲気が素敵な山城跡でした。
写真では良くわからないのですが、こちらの階段の脇にも立派な排水溝があります。
そして、山頂の本丸跡の陰にはとても立派な井戸があるのです!
六角氏もこの山城を生活の拠点にしていたのでしょうか???

安土城といい、観音寺城といい、このあたりの山は水が豊富なようです。
どちらも城に水が豊富で、街道からも琵琶湖からも食料を補給することが可能。
しかも山全体を要塞と化す設計。
こんな城、どうやったら落とせるのでしょう。

・・・どちらの城も、戦火で焼かれること無く落ちました。

どんな名城も中の人次第、ということでしょうか。

風林火山 第23回 川越夜戦

先週の風林火山の感想は体調不良のためおやすみしました。
体の調子が良くない状態でドラマを見たら、なにも感じられなかったのです。感想を書くためにも、健康管理は大事ですね。

さて、今週は真田家のファンであり長野業政のファンである私にはとてもとても嬉しい回でした。

長野業政公が動いている!喋っている!煙たがられているvvvv
名将勤行録の業政公がここにいらっしゃるvvvv

「北条」と口に出すのを嫌がり相手を「小田原」と呼ぶ上杉憲政を
「そんな事にこだわっている場合じゃないでしょうが!」
と諭す場面が良かったです。
皆が上杉憲政にならって浮かれている所で、長野業政公だけが戦をわかっている。
でも、浮かれ気分でいる所に正論で説教されたら上杉さんも面白くない。むしろ、自分を軽く扱われたと思ってむかついてしまう。
それをわかっていても直球を投げてしまう長野業政公は真面目で融通の聞かない、不器用な頑固親父なのかもしれません。

長野業政公にはこれからもどんどん管領家を説教して、煙たがられて
、「でも、長野がいないと勝てない。」という感じになってくれたら嬉しいですね~~~~。
頑張れ業政公!頑張れ上州の黄斑!


そしてずっと隣に付き従っている幸隆公v
赤い胸板に萌色の糸というクリスマスカラーな鎧での登場にございます(笑)

先日、和泉さんと彦根に行ってきて同じようなクリスマスカラーの鎧をさんざん見てきたおかげでうっかり幸隆公の後ろに『ひこにゃん』の姿を思い浮かべてしまい、笑いをこらえるのに苦労しました。

幸隆公は武田家によって縁者を失った者を集めて忍を育成している模様。
長野業政公の元で客将として暮らしている割には資金や土地があるようですな。それだけ長野様に目を掛けられているのかな。
(・・・長野様・・・いい響きですvv)

さて、幸隆公は自分をスカウトに来た勘介に
「恨みある武田家へは降りぬ!」
と言い放ちました。
それでも勘介はあきらめず、あの手この手で幸隆公を誘います。
中々うんと言ってくれない幸隆公にぴっとり貼りつき
「御館様は自分を取り立ててくれました。」
「真田の庄を取り戻すには武田につくしかありません。」
「この戦は武田と和議を結んだ北条が勝ちますよ。」
と囁き続けます。

そして、夜戦による関東管領家の敗北。

8万対8千。数の上でも、陣形の上でも、絶対に関東管領家が勝つはずの戦だった。
それでも負けたのは、大将の油断と想像力の無さが原因だった。
どんなに兵数がそろっていても、どんな名将が配下にいようとも、大将がアホだったら負ける。

普通は数が多い方が勝つものです。その常識がひっくり返った。
もの凄い衝撃だったでしょうね。

この衝撃が、武田家へ仕官するきっかけになるのでしょう。

幸隆公には、業政公とじっくり語り合ってから別れて欲しいものです。

最後に、風魔がとてもとても格好良かったです!
まさに「忍び!」というお仕事ぶりでした。
さすがに、何代も修行を重ねたプロの忍者達は違いますな。
幸隆公の所の忍者達も、修行を重ねてプロに近づいてくれると嬉しいです。頑張れ頑張れ!

笹団子

佐渡島出身の知り合いから笹団子を頂きましたv
笹団子


本物の笹でくるんで藁でしばってあるんですよvvv
この藁の部分を腰につけてぶら下げる事もできるんです。
昔の人が考えた技術って素晴らしい!

こういうのを見ると、自分が実家で藁の扱いを教わってこなかったことが悔やまれます。
注連縄とか、草履の編み方とか、ちゃんと覚えておけば良かったな~。

笹団子の中身は蓬団子でした。
笹団子中身

お団子から蓬の香りと笹の香りが漂ってきて、すごくさわやか。
搗き立てのお餅のような柔らかさでした。
中の餡子があっさりしていて、笹の香りを引き立ててくれます。

ところで笹団子を初めて考案したのは上杉謙信だという話は本当なのでしょうか??
プロフィール

てるてる

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。