スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平山先生が忍者について語るだと



この講演会、物凄くいきたいんですけど!!
スポンサーサイト

平山先生の講演会に行ってまいります。

今週末に開催される武田家滅亡の講演会に行ってきます。
物凄い楽しみです。

お天気が良くなりますように。

永禄12年12月 蒲原城攻め関連の文書

信玄公が「勝頼が戦場に突っ込んでいって心底肝が冷えたよ怖かったよでも勝っちゃったよ不思議。」と書き送った書状と、同じ戦について真田幸綱・信綱父子に報告した書状。
読み比べると、勝頼様が戦場に突っ込むのは武田家では周知の事なんだなあと思えます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
徳秀斎あての書状(笹本正治著 武田勝頼p28)

蒲原城を落とした事について早々に状況をお問合せくださり嬉しく思います。

最初は12月6日に蒲原城の宿に放火しました。
もう決まりきった儀式の様なものですが、四郎勝頼と甥の左馬助信豊は思慮が足らないので工夫も何もなく城へ攻め登りました。
本当に恐怖を感じましたが不思議な事に軍に勢いがつき敵方を崩し、城主の北条氏信兄弟をはじめ、清水・笠原・狩野介やそれに従う兇徒、総じて蒲原城に立て籠るすべての兵を残らず討ち捕らえてしまいました。

この蒲原城は街道の中でも一番道が険しく通過するのも難しい場所でありました。このように瞬く間に目的を達するなど、人間が出来る働きではあり得ません。
そればかりか、こちらの味方は一人も病気などすることも無く過ごしております。どうぞご安心ください。

12月10日 
                           信玄

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

同じ戦場の話を真田幸綱・信綱父子に送った物

(信濃史料 巻13_3 52)

急いで知らせます。今日6日、蒲原城の城下に放火をした所、在城していた兵達が皆出兵してきて出くわしたので一戦を遂げ勝利を得、城主北条進三郎をはじめとして清水・狩野介を残らず討ち取り瞬く間に城を乗っ取りました。

本当に前代未聞の戦でした。

なお、蒲原城へは山県三郎兵衛昌景を入れます。
この文面のとおり、目的は達成したので安心するように。   恐惶謹言


  12月6日                信玄
 一徳斎
 真田源太左衛門殿

天正18年4月20日 松井田城攻めの前に信幸兄上が裸攻めする羽目になった話

信濃史料より現代語訳しました。
~~~~~~~~~~~~~~~

北陸道の総指揮官として前田筑前守利家と上杉喜平次景勝、そして関東の案内役として我ら親子が今度の戦の先陣を仰せつけられました。
我が軍は3月上旬に小県郡を出発し、残雪を踏み分け12日に軽井沢の陣に到着いたしました。

それから松井田城の見回りのため、愚息伊豆守が近習の侍を30人余り従えて碓氷峠を下り町の入口まで近づいた所、松井田城城代の大道寺新四郎配下の小隊を発見、なし崩しに戦いが始まりました。「昆」の兜をかぶった敵兵が城から7、800騎ほど出てきて三方向から攻め立てられ戦う事になったのです。

こちらは伊豆守を始めとしてどの兵士もみな真裸(甲冑を着ていない様子)で、弓も鉄砲一丁も持っておらず、頼みとする所の武器は太刀・長刀(なぎなた)・槍など、それらを限界まで使って攻め合い苦しんでいた所にその上、敵の依良入道宗源(信州佐久郡の住人)が手勢数十人を割き、坂本の民家に放火しこちらの退路を遮断しようとするのに気づきました。
そこで我が家の家来である吉田庄介と富沢主水助が正面から斬り込み、敵兵を悉く追い払い依良入道宗源を馬上より突き落とし首を討ち取りました。この勢いでもって士気も盛り返し敵に向かい、80人余りを討ち取り勝利を得ましたので残党は悉く敗軍となりました。
そのまま敵を城門の外まで攻め続けてから勝利の鬨の声を上げ、その後に伊豆守に北陸道の通路の平定を申しつけました。

今回討ち取った依良入道宗源という人物は甲・上・信の三州に知れ渡っている侍であり、この首を手土産として差し上げます。
詳しい事は使者の春原勘介と松沢五左衛門が口上にて申し述べますので、このむね是非ともご報告をしてください。 恐恐謹言

  天正18年4月20日
                           真田安房守昌幸
  浅野弾正少弼長政殿
  石田治部少輔三成殿

~~~~~~~~~~~~~~~~~

真田丸が最終回を迎えましたね。

当初はこちらのブログで感想を書いていく予定だった真田丸ですが、ツイッターで実況中継をしたり、放映後にたくさんの人の考察を読んだり、丸島先生の解説を読んだりしていたらすっかり満足してしまい、ブログのために感想を書く気持ちになれませんでした。

今までに無い大河ドラマでした。
最新の説が次々と投入され、既存の説は通説・伝説とうまい具合に混ぜらて、歴史の流れに沿って進んでいるのにまったくだれる事無く最後まで魅せられました。

全国各地で俳優さんや時代考証の先生方のトークショーや講演会も開催され、真田関係の一般書も山のように出版され、次々と繰り出される情報を消化し終わらないうちに次の真田丸がやってくる、そんな一年でした。

30日の総集編まで、積読してしまった本を開いたり、録画した真田丸を見返したりしてすごしたいと思います。

お知らせ

12月半ばに発売されるすずき孔先生の漫画
「マンガで読む真田三代  すずき孔 (著), 平山 優 (監修) 」
の巻末につく人物事典・真田関連史跡ガイド・逸話集に校正として関わらせていただきました。
マンガで読む真田三代

わたしの名前「てるてる」も巻末にちょろっと載せていただけます。
本屋で見かけたら是非、お手にとって見てください!

初代お通宛て 信之書状

11月18日 おつう様

さなだ いつのかみより

お手紙にてお知らせいたします。折々のことを一筆申し上げます。
その後お元気にしていらっしゃいますでしょうか。私も今だに命を長らえていると申し上げます。
さてさて、我々はこのたび国替えの命令を受け引っ越す事になりました事を申し上げます。このお手紙が貴女様の御手に届く頃には川中島松代という所に移っている事でしょう。遠国でありながら都の周囲にも劣らないであろう場所です。ここは名所の多い場所でして、まずは『あかしの松の倉科の里』、ここは昔に西行法師が「信濃なる あかしの松のありながら なぞくらしなの里というらん」と歌を口ずさんだ伝わる場所です。その他にものぎわに近い『姨捨山』は名月の山で「更科の月」「田事(たごと)の月」と古来から歌に詠まれ、きりに花咲く井ノ上の山も、雪の降りそうな雲が晴れて行きそこから静かに現れる朝日山も、三国一の善光寺も、降れど積もらぬ淡雪の浅野と申す里々も、全てわれらの領土にございます。
それにしても、こうけん殿が御在世ならば貴女様と楽しみながら松代まで御下りしてくださいと申し上げる事が出来ましたのに、なんという事でしょう、このように成り果てた世の中で私と同等に昔の事を知り続ける人は死んでしまいました。朝も晩も涙ばかりを流しております。もはや国も町もそこに心が惹かれる事も楽しい事もございません。
どうかご推察くださってせめて可哀想だと想っていただきたく思っております。
申し上げたい事は山のようにございますがその思いは筆に残しておきます。

         かしこ
追伸
 
なおなお貴女様は昔から私を御存じでいらっしゃいますお優しいお人様でありますので心のままに書き綴ってしまい恥ずかしく思っております。もはやこんなつらい現実などいらないと考えてしまいますが子供の為と思い「露の命の消えぬほど(はかない命が終わるまで)」と思って世の中を渡っております。朝餉の煙のような心細さを(貴女様ならば)推し量ってくだされると思っています。

また申し上げます。私の元にはあまりあまり人材がおりませんので召し使う者共を少し都の人から欲しいと思っております。貴女様は肝煎(奉公人などを周旋する仕事)をなさっていらっしゃるのでとてもありがたく思っております。貴女様の御紹介で2~3人ほどこちらへ頂けませんか。気に入らない場合はまた京都へと送り返しますのでいいかげんな事をいう人では無いように頼み申し上げます。
いかに都の人であろうと、うつけものは嫌でございます。また、見た目の悪い者も嫌です。私が召し使う者が見苦しいと外聞が悪くなります。とにかく、貴女様が直接御覧になってぬるぬるとした人を選ばれることは無いと思います。

とにかく道硯と申す者の所で詳しく申し上げます。

この手紙は火にお入れ下さるようお願いいたします。とりとめもなく書き散らしたのでおかしな手紙になっております。

お恥ずかしながら

痔を患いました。

外痔核という、誰でも発症する可能性がある手術しなくても治る痔なのですが痛いです。とにかく痛いです。痛みがひどくて歩けないわ眠れないわで本当にまいりました。
医者に行って強烈は痛み止めと麻酔効果のある塗り薬をもらってなんとか生活しています。

だいたい1週間くらいで痛みは引くとの事なので、早く治れ早く治れと念じながら薬を飲んでいます。

はー、湯治に行きたい。

馬場美濃、風林火山の旗に文句をつける

正武将感状記(1700年代に武将の逸話を集めて書かれたもの。信憑性は殆ど無いがネタとしては大変に美味しい)より現代語訳

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
馬場が臣下の心得もわきまえず、主君の考えを慮る事もしないで言うことに、
「行軍の時に風の字を旗に入れてるの良くないと思う。風って始めは強風でもいずれ弱るし。朝の風は意気揚々とさせてくれるけど夕暮れの風は帰りたくなるし。だから行軍の旗に使うには危ない字だと思うんだけど。」

信玄は頷いて答えました。
「馬場の言うとおりだ。でもこの旗は先鋒隊に持たせて『疾いこと(速いこと)は良い事だ』と宣伝させるのだ。私が旗本達を率いてその風の速さに続いていくのだ。」

これを聞いて馬場は深く感じ入り
「この身をもって(お屋形様に)勝ちを悟らせましょう。」
と言いました。

このような問答には味わいがあり、他国では真似できない素晴らしいことでありました。

~~~~~~~~~~~~~~~~
甲陽軍鑑と違ってこちらの馬場美濃は空気を読まないわ生意気だわで、それを許す信玄公の器が大きい事を強調されているように思えます。

馬場美濃ご飯

甲陽軍鑑 石水寺物語より 馬場美濃守が武士についてご飯に例えて話している箇所を現代語訳しました。

~~~~~

さてまた、馬場美濃がご自身の見解で、身分や俸禄の高い武士や逆に身分や俸禄の低い武士について朝晩お与えになるご飯に例えておっしゃいました。

「下々の者たちがご飯を上手に炊くと、固めでもさらりとして一段と味の良さを楽しむことが出来る。まして、柔らかなご飯は当たり前のように美味しい美味しい。

また、下々の者達が下手に炊いたご飯は柔らかいかと思えばまるで武器のようだし、固いかと思えばぐしゃぐしゃしている。これは中の煮えぬ(中まで火の通っていない)ご飯である。

そんなわけだから、固い(頑固で強情な)人と積極的に親しくなろうとするのは良い事だ。人当たりの柔らかい人はさらに奥が深い、例えば綿で針を包んでいるような良い人だ。

さて、人によっては固い(頑固で強情な)人かと思えば嘘を付き、良い武士に嫉妬し、全てにおいて心得を持たず、こびへつらい、そのような有様で腕をひけらかし、さも腕前があるように事を運ぶ。こういう人を「中の煮えぬ人」と言うものだ。

それにつけてもここを良く信玄公はお考えになっていらっしゃるから、原美濃などに職務の権限を与えていらっしゃるのだと推測しているのだ。この原美濃殿は信玄家中の優れた武士であるので、原美濃が生きている間は武田の家中にて「美濃」と名乗るものはいなかった。
永禄7年(甲子)に原美濃が死去されてから、馬場民部もお屋形様の御意を得た上で「馬場美濃」になることができたのだ。

その上、馬場の軍の旗挿物である「黒御幣(くろおんべい)」は小畠入道(小畠 虎盛?)に「ちいの挿物」を願い出てうけ取ったのだ。我等はひとしお小畠山城殿(小畠虎盛)を信頼し尊敬しており、大勢を指揮するときに僅かながらでも作法を知っているようになったのも小畠入道のやり方を探り同じようにしてきたからだ。

さてまた、城取の心得が少しあるのは山本勘助入道道鬼の様々な話(雑談)から学んだものだ。

このようにたくさんの人々から学んできたのだ。」

と馬場美濃守が物語ったのでした。
プロフィール

てるてる

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
TweetsWind
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。